雨の日のヘアスタイルキープ術

2014/07/04ケア方法コメント(0)

H1407031

 

 

 

雨の日のヘアスタイルって、広がりやすくて困りますよね。

朝、どんなに時間をかけてヘアスタイルを作っても、学校や会社に着いた頃にはもうモワッと広がってしまう…。

まずはその原因を探りましょう。

 

広がりの原因はダメージホールにあった!

 

どうして雨の日に髪は広がってしまうのでしょうか。

その原因は髪のダメージにあったのです。

 

ダメージのある髪は、キューティクルがはがれ髪の一本一本が傷ついた状態になっています。

この傷口はダメージホールといって、ここから髪の毛の広がりの原因となる水分が侵入してくるのです。

そうすると、髪は膨らみでこぼことした形状になります。

髪の毛一本一本がそれぞれ異なるでこぼこの状態なので、全体的にモワッと広がってしまうのです。

 

ダメージを修復しよう!

 

H1407032

 

 

ダメージを修復すれば、雨の日の髪の広がり解消に繋がります。

毎日簡単にできるケアでダメージホールを修復しましょう。

 

・ヘアーオイルを使う

髪を洗う前にオイルを髪全体に塗ります。

そして、念入りにシャンプーして洗い流します。

オイルはクリーム状のトリートメントよりも分子が細かいので、痛んだ髪の細胞に染み込みキューティクルの回復に効果的です。

 

・シャワーキャップを使う

オイルトリートメント時にシャワーキャップを使うと、オイルが髪の内部まで浸透しやすくなりますよ。

 

崩れないスタイルキープ術!

 

H1407033

 

 

朝のスタイリング時、洗い流さないオイルを髪に揉みこむようにつけていきます。

オイルはトリートメントよりも重いので、雨の日の広がりを阻止してくれます。

そして肝心なのがドライヤーのかけ方です。

髪の広がりには、根本にドライヤーを当てると効果的。

この時、髪の根本から下向きにドライヤーすると毛先も痛みません。

 

その後、冷風を10秒程当てて、ヘアーキープスプレーをまんべんなくかけてくださいね。

雨の日は迷わずハードタイプのキープ剤を選んで正解です。

 

 

雨の日でもオシャレに手抜きはしたくない!それは、ヘアスタイルだって同じですよね。

きちんとケアして一日中美しいヘアスタイルをキープしてくださいね。

 

PAGE TOP ↑