NO!自然乾燥!正しいドライヤーのかけ方で美髪を目指しましょう

2014/07/13ノウハウコメント(0)

 H1407101

 

 

 

髪を洗ってそのまま寝ている方はいませんか?

それは、髪にとって大変危険なんです。

濡れたまま髪を放置すると、雑菌が増殖し匂いの原因となってしまいます。

また、濡れたままの髪はキューティクルが剥がれやすく、傷つきやすい状態になっています。

枕や布団の摩擦でダメージの原因となりますので、しっかりとドライヤーをかけてから眠りにつきましょう。

 

 

 

まずはタオルドライ

 

H1407102

 

 

シャンプー、トリートメント後、優しくタオルドライします。

この際、タオルでごしごし擦らないように注意!

タオルで髪を挟むようにして、水分をタオルに移すようにしましょうね。

 

 

 

ドライヤーは髪の内側を中心にかけよう

 

そしてドライヤーです。

ドライヤーは髪から最低20㎝は離しましょう。

そして、髪を持ちあげるようにして髪の内側からドライヤーの熱が当たるようにするのがポイントです。

 

同じ部分にばかり熱が当たると痛みの原因になりますので避けましょう。

指でわさわさと頭皮をさするようにして、ドライヤーも小刻みに揺らすようにすると熱が分散されますよ。

 

 

 

ドライヤーの向きは頭頂から下向きに

 

髪のキューティクルは下に向いていますので、その向きに沿ってドライヤーをかけていきます。

逆にかけるとキューティクルが剥がれる原因となりますので気を付けてくださいね。

 

ドライヤーの向きは髪の頭頂から毛先に向けて下向きですが、この時注意してほしいのが、毛先にドライヤーの熱が当たらないようにすることです。

毛先は髪の内側をかけた余熱で十分に乾きますので、無理にかけなくても大丈夫です。

 

 

 

最後は冷風で

 

H1407103

 

 

そして、70~80%くらい髪が乾いたら最後は冷風で冷やしましょう。

冷風で冷やすことでキューティクルが引き締まり、ツヤツヤの髪に導きます。

髪が乾ききったらブラッシングで髪を整えましょう。

 

いかがでしたか?

正しいドライヤーのかけ方、意外と簡単ですよね。

きちんとマスターしてツヤツヤの髪を目指しましょう。

 

PAGE TOP ↑