髪色がすぐ抜けちゃう!ヘアカラーを長持ちさせるコツ5つ

2014/07/15パーマ・ヘアカラーコメント(0)

 H1407121

 

 

 

美容院やセルフケアでヘアカラーを楽しんでいる方は多いと思います。

せっかく手間もお金もかけたヘアカラー、長持ちさせたいものですよね。

ヘアカラーを長持ちさせるコツをまとめてみましたよ♪

 

 

 

ヘアカラー当日のシャンプーは控える

 

ヘアカラーをした髪は、すぐにカラー剤が馴染むわけではありません。

カラーが定着するまでに数日かかりますので、すぐにシャンプーしてしまうとカラー剤が流れ出してしまいます。

ヘアカラー当日のシャンプーは避け、その後、数日間は短時間でシャンプーを済ませるように心がけましょう。

 

 

 

濡れたまま放置はNG!

 

H1407122

 

 

ヘアカラー最低一週間は、髪が濡れたままの放置を避けましょう。

濡れたままの状態の髪は、キューティクルが開きとても敏感な状態です。

時間をかけたシャンプーやトリートメントは避け、ドライヤーで根本をしっかり乾かしてから眠りにつきましょう。

 

 

 

紫外線を避けよう

 

髪の傷みは髪色がすぐに抜けてしまう大きな原因のひとつ。

紫外線は髪にダメージを与え、キューティクルと一緒にカラー剤も落としてしまいます、

外出する時は帽子を被り、しっかり紫外線ケアしましょうね。

 

 

 

ヘアスプレーやワックスは少量に

 

髪の保護になるかな?と思いヘアスプレーやワックスを大目に付ける方がいるかと思いますが、それはNG行為です。

ヘアカラーはシャンプーで徐々に抜けていってしまいます。

過度にヘアスプレーやワックスを付けることにより、洗い流す時間がかかってしまいますので、付ける時には少量にした方が無難です。

 

 

 

カラーリング専用のヘアケア用品を使おう

 

H1407123

 

 

ヘアカラー専用のシャンプーやコンディショナーは、弱酸性で髪にカラー剤を定着させるのに効果を発揮します。

専用のものでしたら安心して使えますので、上手に使ってヘアカラーを長持ちさせましょう。

 

こんなにちょっとしたコツで、ヘアカラーを長持ちさせることは可能なのです。

皆さんも、簡単ヘアケアで美しい髪色をキープしてくださいね!

PAGE TOP ↑