紫外線対策していますか?UVケアは髪の毛にも必要です!

2014/09/16ダメージコメント(0)

H1408101

 

 

 

髪も日焼けしています!

 

髪は太陽に一番近い部分。

なので、顔よりもまっさきに日焼けしてしまいます。

髪は肌のように赤くなったりヒリヒリしないので気付かない方も多いですが、パサついてきたり枝毛が多くなったな、と思ったら日焼けのサインです。

そしてなんと髪の日焼けは顔の3倍のダメージとも言われていますので、きちんと紫外線対策をしなくてはなりません。

 

 

日焼けした髪はどうなるの?

 

H1408102

 

 

・髪は日焼けをすると髪内部のタンパク質が流れだし、痩せ細り切れ毛の原因になります。

 

・日焼けによって水分量が低下しますので、キューティクルが剥がれ落ちボコボコとした手触りの髪になってしまいます。

 

・頭皮が乾燥するので痒みが出てフケも多くなります。

 

・カラーリングした髪は退色が進んでパサついた髪になってしまいます。

 

 

髪に有効的なUVケアとは?

 

H1408103

 

 

・日傘をさす

日傘をさすのはとても有効的。

髪全体を覆ってくれるよう大きな日傘を選びましょう。

色は白などの淡い色よりも、濃い色の方が紫外線を通しにくいと言われています。

 

・帽子を被る

帽子はハット型でつば広のものを選びましょう。

最近ではUVケア効果のある帽子がありますので、上手に活用してくださいね。

素材は綿や麻などの天然素材で。

天然素材なら通気性もよく蒸れる心配もないので、髪にも頭皮にも優しいのです。

 

・UVケア効果のあるヘアケア剤を使う

UVケア効果のあるスプレーは、髪の上から全体に吹きかけることができて大変便利です。

また、UVケア効果のあるヘアミルクやミストは紫外線対策だけでなく、髪の水分蒸発を防ぎ潤いも保ってくれますよ。

 

特に紫外線の多くなる5月から8月は、髪のUVケアもきちんとしましょうね。

もし、日焼けしてしまったらオイルトリートメントなどをして早めのダメージ修復をしてください♪

PAGE TOP ↑