ちょっと待って!そのお手入れ、髪にダメージを与えていますよ!

2014/09/22ダメージコメント(0)

H1409081

 

 

 

髪を塗れたままにしていませんか?

 

H1409082

 

 

自然乾燥が髪に良い!と思っている方は多いのでは?

でも実際には髪が濡れている時こそダメージが出来やすいのです!

塗れた髪はキューティクルが開いている状態です。

キューティクルが開いていると、髪の栄養素が抜け出しやすくパサつきの原因になってしまいます。

また、頭皮が濡れていると雑菌が繁殖し、においやフケの原因になってしまいます。

シャンプー後の髪はきちんとドライヤーを当てて乾かしましょう。

ドライヤーは、髪に直接当てるのではなく地肌に当てるように意識していくのが大切!

 

 

髪を朝洗っていませんか?

 

H1409083

 

 

「朝髪を洗うと寝ぐせも直るし、気持ちもシャキッとして良い香りも持続する!」と、朝シャンプーする方も多いと思います。

ですが、実は朝のシャンプーはNG行為。

シャンプー後の頭皮は皮脂が落ちて敏感な状態です。

その状態で外気や紫外線を浴びると、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

頭皮の皮脂分泌は、シャンプー後6時間後からと言われています。

皮脂でバリアされた頭皮は外気や紫外線から守ってくれますので、シャンプーは夜のうちにしておくのがベストです。

そして、髪は夜眠っている間に栄養素を行きわたらせます。

夜にきちんとシャンプーして汚れを取っておくと、栄養素が行き渡りやすくなりますので、やはりシャンプーは夜が良いですね。

 

 

トリートメント、頭皮にすり込んでいませんか?

 

「トリートメントは頭皮にも良いんじゃない?」と思って、頭全体にすり込んでいませんか?

トリートメントは重いテクスチャーで頭皮の毛穴を閉じ込めてしまいます。

きちんとすすぎができていないと、そのままトリートメントが毛穴に残ってフケや痒みなどヘアトラブルの原因になってしまいます。

トリートメントは痛んだ部分や毛先だけに付けて、すすぎをきちんとしましょう。

頭皮はいつでも乾いて綺麗な状態にしておくことが、美しい髪のためには必要ですよ。

 

小さい積み重ねが髪にダメージを与えてしまいます。

もし、あてはまることがあったらすぐに改善してくださいね!

これらの習慣を変えるだけで、理想の髪にどんどん近づいていくことでしょう♪

PAGE TOP ↑