違いを知って正しく活用☆リンス、コンディショナー、トリートメントの違い知っていますか?

2014/10/04ケア用品コメント(0)

H1410031

 

 

 

 

リンス

 

髪の表面を膜で覆って保護し、シャンプー後のきしみをなくして指通りを良くするもの。

髪が乾いた後もつややかさは持続するが、髪表面のみの効果となっています。

 

 

コンディショナー

 

髪に潤いを与え、主に髪の表面をコーティングするもの。

リンスと同じ定義と考えられるが、リンスよりも効果は高いと考えられています。

 

 

トリートメント

 

髪の内部まで潤い成分を浸透させ、髪の状態を良くさせるもの。

コンディショナーの機能をより強化したもので、髪の内部から水分と油分を補ってくれます。

 

 

H1410032

 

 

簡単にまとめると、リンスとコンディショナーは髪表面に潤いを与えるもので、トリートメントは髪内部まで成分が浸透し、髪内部からダメージを修復してくれるものですね。

 

 

どう使い分ければ良いの?

 

 

髪のきしみを取ってくれるリンスやコンディショナーは、シャンプー後に毎回使うと良いでしょう。

髪のパサつきやダメージが強い場合は、トリートメントを併用して内側からケアします。

 

 

使う順番は?

 

H1410033

 

 

シャンプー→トリートメント→リンス又はコンディショナー

 

が正解です!

「リンス、コンディショナー」は髪の外側を保護するもの、そして「トリートメント」は内側に浸透します。

先にリンスやコンディショナーを使ってしまうと髪がコーティングされてしまうのでトリートメント成分が浸透しにくくなります。

順番が間違っている人も多いと思うので、この順番で正しくケアしてくださいね。

 

またリンスやコンディショナーは時間をおいても髪の内部まで浸透しませんので、すぐに洗い流しても大丈夫です。

トリートメントは時間を置くことにより髪の内部まで浸透するので、何分か放置してから洗い流しましょう。

 

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いはお分かりになりましたか?

上手に使い分けて、うる艶髪を保ちましょう。

PAGE TOP ↑