知っていましたか?ヘアカラーと毛染めは別物です!

2014/10/18パーマ・ヘアカラーコメント(0)

H1410131

 

 

 

 

ヘアカラーと白髪染めは別物です

 

H1410132

 

 

美容室に行かなくとも自分で簡単に髪を染められるセルフカラー。

手軽にドラッグストアなどで買えるので人気ですよね。

ですが、ドラッグストアや薬局に行くと一般的なヘアカラーやヘアマニキュアと白髪染めは別々に売られています。

白髪染めも髪を染めるヘアカラーの一種ですが、別物として考えなければなりません。

 

ヘアカラーとは、黒髪を染めるためのもの。

そして、白髪染めは白髪を染めるためのものです。

ですので、黒髪の方が白髪染めを使っても上手く髪色が入らずに綺麗に染まりません。

逆に、白髪の方が一般的なヘアカラーを使用するとかえって白髪が目立ったり上手く染まりません。

よく、カラーリングしている人で髪の一部がキラキラと明るくなってしまっていることがあります。これは白髪部分の髪を一般的なヘアカラーで染めた為に明るく色が入り過ぎてしまっているからなのです。

 

 

どちらを選べば良いの?

 

H1410133

 

 

黒髪の人はヘアカラーを選ぶのはもちろんですが、「白髪がちょっとだけ生えている」という人だと、ヘアカラーか白髪染めかどちらを選べば良いか迷うところですよね。

白髪が1、2本の場合は根本から切ってしまえば良いですが、白髪がちらほら目立ってきたら、やはり白髪染めの方が綺麗に目立たなくしてくれます。

ただ、白髪染めは白髪を目立たなくさせるためにカラーリングの回数が増えてしまうものです。

白髪染めも髪へのダメージは強いので、長年使用すると髪はパサつき輝きのない髪になってしまいます。

時にはセルフカラーではなく美容室に行きプロの手で白髪染めをしてもらい、集中的にトリートメントしてもらうと、より一層美しい髪を保てることでしょう。

PAGE TOP ↑