とっても便利な「コーム付きドライヤー」でも、抜け毛が増える?

2014/10/23ダメージコメント(0)

 H1410171

 

 

 

コーム付きドライヤーは抜け毛が増える?

 

H1410172

 

 

抜け毛の原因、それは毛根のダメージと抜け毛サイクルによるものです。

毛根にダメージがあると、栄養が髪に行きわたらずに毛髪を作るための指令が上手く伝わりません。

すると、髪は細くなり毛穴から抜け落ちてしまうのです。

そして毛髪サイクル。

髪は毛髪サイクルを繰り返していますが、休止期といわれる時期になると髪の成長は止まります。

その髪の毛は、もう必要のない毛なのでやがて自然に抜け落ちます。

休止期に入った髪の毛は、抜けないでいると毛穴詰まりの原因にもなるので、抜けても問題ありません。

 

コーム付きドライヤーは髪に直接熱を当てるのでパサつきの原因になりがちですが、ヘアケア剤によって防ぐことが可能です。

また、抜け毛の原因は、頭皮内部の問題というのを忘れてはいけません。

コーム付きドライヤーを使って抜け毛が増えた!という人は、頭皮ケアの見直しをした方が良いでしょう。

休止期の髪の毛はドライヤーやブラッシング、シャンプー時に自然と抜けるので、心配せずにコーム付きドライヤーを使ってください!

 

 

コーム付きドライヤー選びのポイント

 

H1410173

 

 

ヘアアイロンよりテクニックが必要なく、簡単に巻き毛が作れるコーム付きドライヤー。

でも、どんな種類を選べば良いのでしょうか?

 

 ・イオン機能が付いていること

 ・熱風、冷風どちらも出ること

 ・ブラシの形が自分好みか

 

コーム付きドライヤーは直接髪に触れるので、パサつきの原因にはなってしまいます。

ですが、イオン機能が付いているものなら通常のドライヤーよりも痛みが少なく艶やかな仕上がりになります。

また、温風でセットした後、冷風を当てることによりセット力は持続するので、冷風が付いていることもマスト。

ブラシの形状は、家電売り場で直接試してから購入することをお勧めします。

 

コーム付きドライヤーは抜け毛の原因にはなりません!上手に使って簡単、手軽に巻き髪を作ってくださいね!

PAGE TOP ↑