ファンデーションをやめて、ベビーパウダーにしてみよう!

2014/11/03ベースメイクコメント(0)

B1411021

 

 

ベビーパウダーの効果

 

ベビーパウダーは名前の通り、赤ちゃんやお子さんに優しい使い心地で肌を保護してくれる優秀パウダー。

そんなベビーパウダーは汗を抑える効果があります。

ファンデーション代わりに使うことでテカリを抑え化粧崩れを防いでくれますよ。

ファンデーションは油分を含んでいますので、メイク後時間が経つにつれてテカってしまったりニキビの原因になってしまうことも。

それが、ベビーパウダーにすることで解消できるのです。

 

 

ベビーパウダーをファンデーション代わりに!

 

B1411022

 

 

ベビーパウダーをファンデーションとして使うのはとっても簡単。

まず、いつも通りに洗顔後ローション、乳液などでケアします。

その後ベビーパウダーを薄く肌に伸ばすだけ。

 

ですが、ベビーパウダーは付け過ぎると白くなり過ぎてしまうので、程よく薄く伸ばすのがポイントです。

そこでお勧めなのが固形のベビーパウダー。

固形のベビーパウダーは粉飛びも少なく肌に密着してくれます。

 

そして、付け過ぎるのを防ぐのには、付属のパフではなくフワフワの大き目のパフを使います。

フワフワのパフを使いふんわりと肌にのせることで、自然な透明感が生まれますよ。

シミやニキビ痕の気になる方は、事前にコンシーラーで目立たなくしておきましょう。

 

 

ベビーパウダーでニキビ撲滅!

 

B1411023

 

 

ニキビの原因のひとつ、それが過剰に出てしまう皮脂汚れ。

皮脂が毛穴に詰まると炎症を起こしニキビとなって肌表面に現れます。

そこで、ベビーパウダーを肌に付ければ過剰に出る皮脂が抑えられて、肌はいつでもサラサラな状態を保ってくれるのです。

夜、就寝前のケアとして化粧液や乳液、クリームを塗ったスキンケアの最後に塗れば、朝起きた時にはベタツキのない赤ちゃんのような素肌が待っていますよ!

 

ファンデーション代わりに、スキンケアにと優秀なベビーパウダーで、あなたもサラサラな素肌を手に入れましょう。

PAGE TOP ↑