【大人ニキビ】できる場所によって違う!原因とケアの仕方

2014/11/06肌トラブル対策コメント(0)

B1411051

 

 

肌のお悩みナンバー1のニキビ。

思春期ニキビの時代が終われば、大人ニキビがぽつりぽつり。

Tゾーンにできるのと違って大人ニキビはその原因によってできる場所が違います。ニキビができる場所ごとのケアの仕方をお教えします。

 

 

あごや首

 

B1411052

 

 

あごや首に現れるニキビは大人ニキビの典型的な場所です。

ホルモンバランスの崩れからくるものが多く、生理前にできるという人も多いのがあごと首にできるニキビの特徴。

また、冷えやストレスを受けるとこの場所にできるといわれています。

 

 

【ケアの仕方】

女性ホルモンを多く摂るのが大切です。

大豆イソフラボンのサプリメントを摂ったり、豆乳や豆製品を多く食べるようにしましょう。

また、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも身体を温めストレスをなくすのに効果的ですよ。

 

 

おでこ

 

B1411053

 

 

おでこにニキビができるのは、洗顔料やシャンプーのすすぎ残しが原因のことが多いです。

コスメを変えたり季節の変わり目に、小さい湿疹のような形でできる場合も。

 

 

【ケアの仕方】

洗顔やシャンプー時、洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。

ニキビができている間は、おでこをあげて前髪がかからないヘアースタイルにして刺激を最小限に抑えることも必要です。

 

 

口周り

 

口周りにできるニキビは、胃腸が弱っている証拠です。

また、男性ホルモンが過剰になると鼻と口の間にニキビが多くできてしまいます。

 

 

【ケアの仕方】

お菓子や脂っこい食べ物を避けて、フルーツや大豆製品を多く摂取するように心がけましょう。

 

 

 

鼻にできるニキビは過剰に出てしまう皮脂汚れが原因です。

また、くせで鼻をよく触ってしまう場合もニキビができやすいので要注意。

 

 

【ケアの仕方】

泡洗顔で肌を清潔に保ち、メイクは必要最低限に。

ファンデーションをベビーパウダーに変えてみても良いでしょう。

 

 

大人ニキビには保湿が必要です!

 

どんな場所にできる大人ニキビでも重要なケア、それが肌の保湿です。

皮脂は洗顔のし過ぎで摂りすぎると足りないと反応し、どんどん分泌してしまうもの。

それには、洗顔後、たっぷりの化粧水で潤いを与え、クリームなどを薄く塗り蓋をしてきちんと保湿をすることが必要です。

それぞれのケアの仕方に保湿を加えて、ニキビのない素肌を目指しましょう。

PAGE TOP ↑