【目の下のクマ】を解消して若く健康的に見せよう!

2014/11/11目元コメント(0)

B1411091

 

 

まぶたの周囲の皮膚は非常に薄くデリケートな部分。

皮膚が薄いと乾燥もしやすく、刺激を受けると色素沈着を起こしやすい部分でもあります。

 

クマの種類は様々ですが、クマがあるだけで不健康そうに見られたり、老けた印象を与えてしまうとても厄介なもの。

目の下のクマは疲れや寝不足だけが原因と思われがちですが、その種類は様々です。

 

 

色素沈着などが原因の茶色いクマ

 

茶色っぽいクマは、主に色素沈着がもたらします。

落としきれないメイク汚れが、積もり積もって目の周囲に炎症を起こしてしまうのです。

 

また、乾燥によるダメージが茶色いクマの原因になります。

対処法としては、保湿をしっかりとすること。

ビタミンCやローヤルゼリーが入った美容液をポイント使いしてケアしましょう。

洗顔の前には目元専用のリムーバーでクレンジングすることも大切ですよ。

 

 

血行不良などが原因の青いクマ

 

B1411092r

 

 

目の周囲には多くの毛細血管が走っていますが、まぶたの皮膚は薄いため透けて青いクマを作ってしまいます。

冷えからくる血行不良やストレス、目の疲れなどから現れてしまいますので、対策としては生活習慣を整えるのが最も有効です。

身体が冷えないような食生活や、お風呂にゆっくりと使ってストレスを取り去りましょう。

 

また、血行を良くするビタミンE配合のクリームで優しくマッサージするのも効果的ですよ。

 

 

目の周囲のくぼみなどが原因の黒いクマ

 

B1411093

 

 

加齢や過剰なダイエットで目の周囲がくぼんでしまい濃い陰影からできる黒いクマ。

たるみ、くぼみが原因ですので、目の周囲の筋肉を鍛えるのが効果的です。

フェイスヨガや表情筋を鍛えるケアをして、目の周囲のたるみを予防しましょう。

また、ヒアロルン酸の配合されたクリームやサプリを摂ることも改善に繋がりますよ。

 

目の下のクマが解消されるだけで、若々しく健康的に見せえてくれますよ。

ご自分のクマのタイプに合った対処法を実践して、エイジレスな美しさを保ちましょう。

PAGE TOP ↑