リキッドファンデをブラシで塗ってうる艶肌に演出!

2014/11/25ベースメイクコメント(0)

B1411201

 

 

メイクの出来を左右するのはファンデーションだった!

 

メイクが上手にできると朝から気分ウキウキですよね。

乾燥する季節はしっとりとするリキッドファンデにするのがお勧め。

ですが、リキッドファンデは塗る時に指が汚れてしまったり、パフを使うとパフにファンデ―ションが染み込んで上手く塗れないという声も。

 

そんな時、ブラシを使ってみるのがオススメ!

リキッドファンデーションはブラシを使うことによって、ムラなく均一に塗ることができるのです。

どうしてもしっかりとメイクしました、という感じになってしまうリキッドファンデですが、ブラシを使えば薄付きで素肌感も生まれますよ。

艶も出てピタっと密着してくれるので、メイクも長持ちしてくれます!

ブラシを使ったメイク術を覚えてうる艶肌を演出してみましょう。

 

 

リキッドファンデをブラシで塗る方法

 

B1411202

 

 

1)手の甲にリキッドファンデを出す。

 

2)ブラシの両側にリキッドファンデをたっぷりと含ませる。

 

3)顔の広い面からファンデを塗っていく。

頬→額→鼻→小鼻→顎→口周りの順番で、顔の内側から外側に広がるイメージで。口周りは円を描くように。

 

4)塗り終えたら同じ順番で今度は顔の外側から内側にブラシを動かして馴染ませていく。

 

5)水で濡らしたスポンジで全体を押さえていく。

 

6)ティッシュオフをする。

 

7)パウダーをはたいて終了。

 

 

ブラシのお手入れ

 

B1411203

 

 

使い終わったブラシは乾いたティッシュで残ったファンデを拭き取っておきましょう。

洗うのは週に一度くらい、スポンジ専用の洗剤やメイク用品専用洗剤で優しく洗い陰干しします。

干す時にはブラシが下方向になるように気を付けて!

 

リキッドファンデをブラシで塗れば、抜け感のあるイマドキの肌にしてくれますよ。

ぜひ、マスターしてこの秋冬のメイクを楽しんでくださいね。

PAGE TOP ↑