メイク直し、きちんとした方法でしていますか?

2014/11/29メイクコメント(0)

B1411231

 

 

朝しっかりメイクをしても、ファンデーションがテカってしまったりリップが剥げてしまったりと、帰宅までには何度かのメイク直しが必要ですよね。

でも、きちんとした方法でメイク直しができていないと厚塗りメイクになってしまいますよ!

正しいメイク直しの方法をお教えしますね。

 

 

よれないメイクの基本「化粧下地」に気をつけよう!

 

B1411232

 

 

メイク直しを何度もすると、どんどん厚塗りになってしまいます。

何度も必要にならないよう、朝のメイクを崩れにくく、そしてメイク直ししやすいようにしておく必要がありますよ。

それには、朝のメイクを15分以内で仕上げることが必要です!

メイクに時間をかけると結局どんどん厚くなってしまいますよね。メイクは厚ければ厚いほど、崩れやすくなってしまうのです。

 

そして、化粧下地や乳液が乾いていないうちにメイクをするのは、メイク崩れを引き起こします。

メイクはきちんと基礎の化粧品が肌に浸透してからするようにしましょう。

 

 

メイク直しの方法

 

B1411233

 

 

・ファンデーション

崩れた上からそのままファンデーションを重ねてしまうと、どんどんファンデが厚くなってしまい、またメイクが崩れる原因に。

鼻などがテカリ過ぎて凄く崩れてしまった場合は、まずコットンなどに拭き取り専用のクレンジング剤を浸して一度メイクを落とすことです。

それから化粧水をパッティングして、ファンデーションを塗り直しましょう。

頬の部分や広い範囲でそれができない場合は、シミなどが目立ってしまう部分だけコンシーラーを一塗りし、パウダーで仕上げることで自然な仕上がりになりますよ。

 

・アイメイク

パンダ目になってしまった上からアイシャドーを再度塗っても、綺麗な色が出ないばかりか余計に黒ずんでしまいます。

綿棒に美容液をたっぷりと付け、目の上をなぞるようにしてアイシャドーを一度拭いましょう。

その時、乳液やクリームでは油分が多過ぎて下地のファンデも取れてしまいますので、アイシャドー部分だけを取ってくれる美容液がお勧めですよ。

そして、マスカラの場合は塗り直さずにホットビューラーで持ち上げるだけでOKです。

上から塗るとダマになってしまいますので、この方法でメイク直しをしてみてくださいね。

 

メイク直しの回数を少なくして、肌への負担も軽減しましょうね!

PAGE TOP ↑