鉄分不足が引き起こす、女性特有の症状とは?

2014/12/25美容食材・成分コメント(0)

B1412201

 

 

鉄分不足は身体の中の赤血球を減らし、酸素が不足し自律神経の乱れを引き起こします。

そうすると、貧血はもちろん身体の他の不調や肌や髪にもトラブルが起こります。

鉄分不足が起こす女性特有の症状とは、どんなものがあるのでしょうか?

 

 

鉄分が不足することで起こる症状

 

・身体末端の冷え

鉄分が不足すると酸素不足になり身体の末端まで血液が巡りません。

そのため、足先や手先が冷えてしまうのです。

 

・爪が割れる

爪が弱くすぐに欠けたり二枚爪になるのは、貧血が原因であることが多いのです。

貧血になると新陳代謝が悪くなり、細胞のターンオーバーが上手くいきません。

その影響は爪にも起こりますので、爪がもろくなってしまうのです。

 

・皮膚が乾燥する

鉄分は肌のコラーゲンを生成するのに一役買っていますので、不足するとコラーゲンも減少します。

そのため、肌から潤いが奪われ皮膚の乾燥に導いてしまうのです。

 

・抜け毛が多い

鉄分不足は身体の中に栄養が巡りにくくなります。

そのため、頭皮や髪も栄養不足になってしまうので、頭皮は乾燥し髪は痩せ細り抜け毛の原因に。

 

 

鉄分不足を解消するためには?

 

これらの症状を緩和するには、食事から鉄分を摂取するのが理想的。鉄分が多く摂れる食物は、レバー、納豆、あさり、プルーンなどが挙げられます。

ただ、食事だけから鉄分を効率よく摂取するのはなかなか難しいもの。そこで、鉄分のサプリメントを有効に使ってみるのもおすすめです。

鉄分のサプリメントはドラッグストアなどで手軽に手にはいります。用法、用量を守り、自分にあったサプリメントを上手に取り入れましょう。

PAGE TOP ↑