脱!二枚爪!外側と内側からのケアで指先美人を目指しましょう

2015/01/04ネイル・手元コメント(0)

B150102

 

 

爪が弱くてポロポロ剥がれる二枚爪、本当に嫌ですよね。

爪はその人の健康状態が現れる場所ですから、外側からのケアはもちろん、身体の内側からのケアも必要になってきますよ。

 

 

二枚爪とその原因は?

 

爪は三層構造でできていますのが、その一枚目や二枚目が剥がれてしまうことを二枚爪といいます。

 

原因としては、爪の乾燥や栄養不足、また、爪切りの使用によるものがあります。

爪が乾燥すると割れやすくなり、栄養が不足すると血流が悪くなり爪の血行が悪くなります。

そのせいで爪がもろくなり二枚爪になってしまうのです。

また、爪切りを使うことによって三層構造である爪に空気が入り込み、爪が割れる原因となる恐れもあります。

 

 

外側からのケア

 

・爪切りではなく爪やすりを使う

爪切よりも刺激の少ない爪やすりを使いましょう。

また、爪の整え方にも一工夫。

爪をスクエア型に短く整えることで、爪を丈夫にして二枚爪になることを防ぎます。

 

・キューティクルオイルで爪や手をマッサージする

乾燥を防ぐにはオイルが必須です。

オイルは粒子が細かく爪の細胞にまで行き渡りますので、爪表面だけでなく爪の内側から強くしてくれますよ。

 

・セルネイルを控える

除光液やネイルは爪を痛める恐れがあります。

ネイルをしたければセルネイルではなく、ネイルサロンで充分にケアをしてもらいながらするのが良いでしょう。

 

 

内側からのケア

 

・身体を冷やさない

身体が冷えると血行が悪くなり、末端である爪まで栄養が行き渡りにくくなります。

温かいものを飲み、薄着を控えて身体を冷やさないようにしましょう。

 

・タンパク質を多く摂る

爪の大部分であるタンパク質を多く摂りましょう。

特に、大豆や乳製品を多く摂ることで爪を丈夫にするのに効果的ですよ。

 

爪は意外に見られているものです。

二枚爪を防いで指先美人を目指しましょう♪

PAGE TOP ↑