乾燥は冬だけじゃない!春肌のための乾燥対策とは?

2015/05/04乾燥肌コメント(0)

B150502

 

 

来月になればもう湿度も上がって、今度は皮脂対策に追われる毎日がやってくると思いますが…、このシーズンはまだまだ乾燥が続くので、しっかりと保湿ケアを行なうべきです。

 

そのケア度によって来月からの皮脂の量も変わってきます。

ここでは、春肌の乾燥対策のポイントをご紹介します。

 

 

冬と同様のスキンケアを心がける

 

冬が終わって空気が暖かくなると、湿度まで上がったような感覚に陥りますが、それは大きな勘違いです!春も引き続き、湿度は低く、常に肌は乾燥に晒されているのです。

 

ですから、まだまだ冬と同様のスキンケア方法でしっかりと保湿ケアをしなければいけません。表面は潤っているように思えても実は内側が乾燥しているインナードライ肌も考えられます。

 

皮脂が多い場合は特に、インナードライ肌かもしれないのでしっかり保湿ケアを心がけてくださいね。

春の保湿を怠ると、来月からはさらに皮脂が増えて、皮脂対策が大変になってきます。皮脂は、肌が乾燥していると捉えた時に過剰に分泌されてしまうのです。

 

 

寝る前の美容クリームがカギ!

 

乾燥がかなり進んだ肌は、潤いを閉じ込めるのが困難です。

自分ではしっかりと保湿ケアをしているつもりでも、スキンケアした後に化粧水や乳液の成分は肌には浸透せず、空気中に蒸発して逃げて行っている恐れがあります。

 

蒸発を防ぐためには、油性のクリームでしっかり蓋をしてあげることです。

化粧水、乳液とスキンケアを済ませたら、最後には油性の美容クリームでしっかり蓋をして潤いを閉じ込めましょう

美容クリームは寝る前に塗ると効果的です。翌朝の肌のしっとり感が全然違いますよ!

PAGE TOP ↑