カサカサで台無しにならないように!春の唇を乾燥から守ろう

2015/05/09口元コメント(0)

B150504

 

 

春には、ピンクやオレンジ系のグロスやルージュを塗りたくなりますね。

しかし、綺麗な発色も唇の状態によって台無しになります。

 

肌だけでなく、このシーズンは唇も乾燥しがちです。

ここでは、唇の乾燥対策方法を2つご紹介します。

 

 

薬用リップの塗り方を少し変える

 

薬用リップは冬だけに使うものではありません。春も引き続き使うことで、唇の乾燥対策ができます。グロスやルージュを塗る前に、薬用リップでケアしてあげると、グロスやルージュの崩れを防げます。

 

さてそこで、薬用リップを塗る時のポイントですが、唇に沿って横向きに塗るだけではなく、縦じわができてしまっているのなら尚更のこと、縦方向にも丁寧に塗ってあげましょう

たったそれだけのことで、唇の状態が変わります。

 

さらに乾燥がひどい人は、薬用リップをした後に、ラップを唇に3分間ほどかぶせてみてください。薬用リップの成分が浸透しやすくなります。

 

 

コラーゲンとビタミンCを摂ろう!

 

薬用リップの他には、唇専用のパックなども効果的ですが、普段からコラーゲンを摂るのも効果的です。コラーゲンは肌の弾力成分でもありますが、保湿成分でもあります。

コラーゲンを増やすことで保湿力が上がり、乾燥を防げます。コラーゲン生成を促すビタミンCも一緒に摂るようにしましょう。

意外に見落としがちですが、コラーゲンとビタミンC補給は、乾燥をかなり防止してくれてプルンプルンの唇になりますよ!

 

いかがでしたか?

春の乾燥にも負けない唇を、内外両側からケアして作り上げていきましょう。せっかくのルージュが縦じわで台無しにしないためにも、日々の唇ケアは大事ですよ!

PAGE TOP ↑