クリームチークとパウダーチークで!乾燥肌でも崩れないナチュラルチークを

2015/05/18乾燥肌コメント(0)

 B150507

 

 

乾燥肌さんはこの季節、目の周りや口の周りはもちろんのことですが、頬まで乾燥しやすくなりますよね。頬が乾燥していると、チークも発色が悪くなったり、粉っぽくなる恐れがあります。

 

そこで活用していただきたいのがクリームチークです。春の乾燥した頬にはクリームチークがおすすめです。

ここでは、クリームチークの活用方法をご紹介します。

 

 

クリームチークとは?

 

クリームチークとは、クリームタイプになったチークのことをいいます。最近ではジェルタイプのものもあってとても使いやすくなってきています。

指にチークを乗せたら、そのまま頬を指でポンポンと叩くようにしてチークを乗せます。厚塗りな感じにならないように、指かスポンジでうまく伸ばしていくのが綺麗に塗るコツです。

 

クリームチークは油分が多いので、頬が乾燥していてもカサカサな感じになりません。パウダーだけですと粉っぽくなりますが、クリームチークならツヤも出て発色が綺麗です。

 

 

クリームチーク+パウダーチークでナチュラルに

 

クリームチークだけでは、かなり薄く伸ばさない限り、ちょっと不自然な感じにもなりかねません。特に30代女子の場合ですと、可愛らしくなりすぎてしまうので、さらにナチュラルに仕上げたいところです。

 

そこで活用したいのが、同色のパウダーチークです。クリームチークを薄く塗った後に、パウダーチークをふんわり乗せてみましょう。クリームチークだけでは表現しにくい柔らかさがプラスされてナチュラルに仕上がります。

また、パウダーチークだけでは表現しにくいツヤ感も出るので、絶妙なコラボレーションで春の頬を美しく演出してくれます。

 

春の乾燥に負けずに、ふさわしいコスメアイテムを選んで活用していきましょう!

PAGE TOP ↑