もういい加減にして!髪がウネる原因と改善方法とは?

2015/06/16ケア方法コメント(0)

B1506071

 

 

こう雨の日が続くと、髪は広がるしウネるし、毎朝大変ですよね。

この季節はメイク崩れ対策のためのベースメイクにも時間がかかるのに、髪にまで時間をかけなきゃいけないなんてウンザリしますね。

 

でもお洒落女子はこんな季節でもイキイキしています。

それはちゃんとした美容法を知っているからです。

ここでは、梅雨のウネリ髪対策についてお話しします。

 

 

どうして髪がウネるの?

 

しかし、なぜ梅雨に髪がウネるのでしょうか?

そこには髪を保護するキューティクルと湿気の水分が関係しています。

傷んだ髪は、ほとんどの場合、髪の毛を保護するはずのキューティクルがはがれているのです。

 

ですから、本来なら髪に浸透するはずのない梅雨の湿気が髪に吸い込まれていくのです。

すると、髪が膨張してウネリやすくなるのです。

 

 

あのオイルを使えばいい?!

 

髪のウネリをしずめるトリートメント剤はたくさん販売されていますが、一番効果的なのは、やはり椿油です。

植物性なので安心して使用できます。

洗髪してからタオルで水分を取ったら、椿油を髪全体に丁寧になじませます。

それから、冷風でドライヤーをしてみてください。

 

冷風ですと、なかなか乾かないので面倒な時もありますが、髪にとっては冷風がいいのです。

ドライヤーは上からかけましょう。

髪の上から下にドライヤーの風でなびかせるように乾かします。

この時、完全に乾かすのがポイントとなります。

半乾きで長時間放置していると、それもまたキューティクルを剥がす原因になります。

 

最近トレンドのグレープシードオイルもオススメです。

ぶどうの種から採れた食用オイルでビタミンEがたくさん含まれています。

シャンプーの後に頭皮にもみ込むことで血流が促進して、髪のハリコシ対策にもなります。

PAGE TOP ↑