その行為が肌をダメにする!夏のスキンケアの注意点を知っておこう

2015/07/08スキンケアコメント(0)

B1507031

 

 

この季節は知らず知らずのうちに間違ったスキンケアをしてしまいがちです。

特に紫外線対策に力が入りますが、保湿も大事です。

あなたの夏のスキンケアは合ってますか?

ここでもう一度チェックしてみましょう。

 

 

皮脂を落としすぎて角質が硬くなってない?

 

毎日暑いと、皮脂だけではなく汗もたくさん出るので、すぐにでも洗顔をしたい気分になりますよね。

洗顔でなくても、シートで顔を拭いたり、水で顔を洗ったりすることも多いかもしれません。

皮脂を油とり紙やティッシュで取るくらいならいいのですが、何度も拭いたり洗ったりすることで、必要な皮脂まで落としてしまい角質が硬くなります。

角質が硬くなると、肌が乾燥しやすくなってエアコンや紫外線の影響でさらに乾燥は進み、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

 

保湿対策よりも美白対策を優先してない?

 

夏はちゃんと美白対策しておかなきゃ!と意気込むばかりに、スキンケアの基本を忘れてしまいがちです。

美白対策も確かに大事ですが、しっかり保湿もしておきましょう。

 

どのシーズンも基本は保湿です。

保湿がちゃんとできていれば、シミもできにくく、シミも消えやすくなります。

肌の土台をしっかり保った上で美白対策をしましょう。

 

 

UVクリームは使い分けてる?

 

UVクリームは、防御力のあるものを使えばいいということではありません。

日差しが強いところで過ごす予定があるのであれば、その時はSPF30以上の強力なUVクリームを使ってもOKですが、普段使いするとその刺激で肌が傷んでしまいます。

普段は、SPFが30以下のものでPAは++くらいのものにして、肌にあまり刺激を与えないようにしましょう。

 

 

スキンケア化粧品を冷蔵庫で冷やしてない?

 

最後に、夏は特にスキンケア化粧品を冷蔵庫に保管しがちですが、冷蔵専用でない場合は効果が落ちるので注意です。

冷やしすぎても機能が不安定になる化粧品もあります。

説明をしっかり読んでから、保管方法を間違えないようにしましょう。

冷蔵庫から出し入れすることで温度差が生じて、それが劣化の原因になることもあります。

関連記事
  • 記事はありませんでした

PAGE TOP ↑