食べ物で対策しよう!ムダ毛を抑えるには何を食べればいい?

2015/07/22基礎知識コメント(0)

B1507091

 

 

毎年この季節になると、特に気になるのがムダ毛ですよね。

こまめにムダ毛処理をしても、すぐにまた処理をしなくてはいけなかったり…面倒ですよね。

 

かといって、全身脱毛もお金がかかるし…なんて悩んでいる女子も多いかもしれません。

実はムダ毛は食べ物によってもある程度抑えられます。

食事でムダ毛を抑えませんか?

 

 

ムダ毛の自己処理を繰り返すと危険?

 

ムダ毛の自己処理は、家庭用の脱毛器以外、ほとんどが肌に刺激を与えるものですね。

たまに処理をするくらいならいいですが、例えばカミソリで処理する場合、3日に1回のペースで行なっていたとしたら、かなり肌に負担を与え続けていることになります。

 

角質層が剥がれるような刺激を与え続けていると、乾燥肌になり紫外線の影響も受けやすくなります。

 

食生活でもう少しムダ毛を抑えられたら、処理の回数も減らせるので、肌への負担も少なくなりますね。

アレを食べたからムダ毛がなくなるというわけではありませんが、少しずつムダ毛が生えにくくなってきますよ!

 

 

ムダ毛を抑える食生活を送ろう!

 

ムダ毛を抑えるにはホルモンバランスを整えることです。

男性ホルモンの方が強いと、毛深くなりやすいです。

女性ホルモン(エストロゲン)を増やしてムダ毛を抑制しましょう。

 

○エストロゲンを増やす食べ物

・ビタミンB16を含むマグロ、鮭、イワシ、バナナなど

・きな粉、納豆、大豆製品などのイソフラボン類

・ゴマグリナンを含む胡麻

 

○食べ過ぎに注意したい食べ物

・亜鉛を含む牡蠣や牛肉、レバーなど

・動物性たんぱく質が多い牛肉や豚肉など

・アリシンが多いニラ、ネギ、ニンニクなど

 

いかがでしたか?

食生活に気をつけることで少しずつ女性ホルモンが増えて、ムダ毛が生えにくい体質に変わっていきます。

女性ホルモンを増やすのは、ムダ毛だけではなく、美容にもいいのでおすすめです!

PAGE TOP ↑